負担の少ないボトックスエラ施術【治療をした後ですぐに行動できる】

サイトメニュー

整形施術で美しくなろう

女医

小顔になれる施術法

女性ならば誰しもが小顔に憧れるもので、その小顔になれない原因の一つが両顎の張り、いわゆるエラです。つまり、そのエラを取り除いてしまえば小顔になれるということになります。ボトックスエラでは、そのエラを小さくさせることができます。そもそもエラの原因とは発達しすぎた筋肉で使えば使うほど発達して顔が大きく見えてしまいます。逆にいえば、筋肉を使わないようにすれば自然と筋肉が細りエラも小さくなるわけで、ボトックスエラはその効果を利用しています。そもそもボトックスとはボツリヌス菌から抽出された筋弛緩作用物質を利用した美容整形です。筋弛緩作用とは先ほど述べた「筋肉を使わないようにする」作用とほぼ同じこととなります。しかも、その作用は注射した部分だけ効果を得られるわけなので、美容整形といっても注射を注入するという利用者の身体への負担がとても小さなものです。実際に、多くの人々がボトックスエラを利用して満足のいく小顔になっているため、エラが張って悩んでいる人には良い美容整形だと言えるでしょう。初めてボトックスエラを利用した人は、その効果が気になってしまってボトックス注射した部分を触りたくあるものです。しかし、注入した部分を触れるのは良くないと言われています。筋弛緩作用の成分がエラの部分に留まって効果を発揮してもらう必要があるためです。もしも、過度に触り続けてしまったら、その成分が押し出されてエラに作用しなくなってしまいます。同様に、運動やお風呂も控えることが肝心です。血行が促進されるとエラに留まって成分も血流にのって流されてしまう可能性があるからです。ただし、永遠に運動もお風呂も控えるというものではありません。強く触れるのも体を温めすぎるのも、ボトックスエラを施してから2日間ほどまで控えることが推奨されています。つまり、それ以上経ったら、通常の日常生活に戻ることができます。また、強く意識しすぎる必要もありません。強い刺激がダメなので普通に化粧をするくらいならば何ら問題はありませんし、お風呂はダメでもシャワーを浴びるくらいならば大丈夫です。

Copyright© 2018 負担の少ないボトックスエラ施術【治療をした後ですぐに行動できる】 All Rights Reserved.