負担の少ないボトックスエラ施術【治療をした後ですぐに行動できる】

サイトメニュー

小顔になれるプチ整形

顔に触れる女性

憧れの小顔に変身

エラ部分が張っていることがコンプレックスで、ヘアスタイルで顔を隠しているという女性も、多いのではないでしょうか。顔が大きく見える要因の1つに、エラ部分にある筋肉「咬筋」が異常に発達してしまっているということが挙げられます。歯を食いしばるクセがある人などは、咬筋が刺激で大きくなってしまいやすく、エラが張って顔自体が大きく見えてしまうようです。筋肉が引き金となって顔が大きく見えているため、このようなケースでは食事制限や運動といったダイエットで、顔を小さくすることはできません。では咬筋が発達している人は顔を小さくすることができないのかというと、そういうことはなく「ボトックスエラ治療」で小顔に変身できます。ボトックスエラ治療はプチ整形の1つで、ボツリヌス製剤という薬剤を咬筋部分に注射器で注入するという施術を行います。このボツリヌス製剤は筋肉の動きを弱める作用があり、注入した部位の筋肉を小さくするという効果を発揮するのが特徴です。施術を施せばエラが張り顔が大きく見える要因となっている咬筋が小さくなり、結果小顔になれるという仕組みです。ボトックスエラ治療は小顔効果があるプチ整形として、ボトックス注射を行っているクリニックであれば、大半で施術を受けられます。咬筋というエラ部分にある筋肉に特殊な薬剤を注入して、この筋肉の動きを弱める働きをするのが、ボトックスエラ治療の特徴です。ボトックスエラ治療に用いられる薬剤は、ボツリヌス菌という菌から作られたボツリヌス製剤というもので、筋肉を弛緩させる作用があります。この弛緩作用によって咬筋を動かしにくくなるため、使わないことで徐々に筋肉が痩せて行き結果、エラ部分をスッキリさせることができるのです。ボトックスエラ治療は施術後、すぐに小顔効果が現れるというものではなく約1ヶ月後に効果が出てきて、ボツリヌス製剤の効果が切れると約1ヶ月程度で元の状態に戻ります。小顔効果をキープするためには元に戻る前に再度注入が必要となり、3回は施術を行わなければいけませんが、顔にメスを入れず小顔になれる点は大きな魅力です。奥歯をかみしめた時にエラ部分にある咬筋が、大きく感じられるようになったら再注入のタイミングと言われています。

Copyright© 2018 負担の少ないボトックスエラ施術【治療をした後ですぐに行動できる】 All Rights Reserved.